派遣としてスタートするあなたに。派遣について知っておきたい情報を紹介します。

2014-04-16

派遣のスタートマニュアル

派遣社員として働いていて、この経験を活かして後々成功したいと考えている人は多いです。しかしただ単に来た仕事をこなしているようでは、いつまでもそのままになってしまうことも多いです。そうならないためにはどうしたらいいのかというと、まずは自分が将来的にどうなりたいのかということを明確にすることが大切です。もし将来的にはどこかの会社に正社員として採用して欲しいという場合には、それなりのスキルを身につけておく必要があります。会社に選んでもらうためには、それなりの人材でなければいけません。周りの人と同じようなことしかできないのであれば、その程度でしか会社側も見てくれないのです。しかしこの時に勘違いしてはいけないのは、何か大層な資格を持っていなければいけないと考えることです。もちろん資格を持っているとプラスになりますが、その資格をどう活かせるのかということをアピールできないとせっかく持っていても意味がないということになります。

そのようなことよりも強みとして、自分はパソコンで資料を作るのが得意ということや、コミュニケーションをとることが他の人よりも長けているので、営業向きであるというようなことの方がいいです。こういったことというのは企業側も求めているスキルだったりするので、しっかりとアピールすることができれば正社員として採用されることもあります。そのためにもまずは派遣社員として一生懸命働くということが重要になります。そうではなく先々はフリーランスとして働きたいと考える人もいます。こういった人たちというのは、自分の仕事をしっかりと残していくということが重要になります。フリーランスになるということは、仕事は自分で取って来なければいけません。その場合にアピールできるポイントというと、経験値になります。これまで何件こういった仕事を受けていて、こういった成果でしたということを出すことが出来ればフリーであっても十分に仕事をもらうことができます。

しかしこの場合は最初に登録をする際に、将来はフリーランスとして働きたいということを伝えておくべきです。そうするとコーディネーターさんが話をしてくれて、そういった専門の仕事を積極的に斡旋してくれるようになります。そうしてある一定の量の仕事が溜まったのであれば、そこからはフリーランスとして営業をしていけばいいということになります。このように派遣社員であってもしっかりと目標を立てていれば、後で成功するための布石となります。もしこのような目標が定まっていないという場合には、とりあえず様々な仕事をしてみて自分がどうなって行きたいのかということを考えるということもできます。どちらにしても雇用が安定していないからといって悲観的になるのではなく、将来的にはこういった方向で成功するのだということを明確にしておくと仕事に張りも出ます。そのためにはまずは自分のスキルや経験などを見なおして、そこから自分の将来的な計画を立てるということが重要になります。ですからまずは自分の見直しから始めてみるようにしましょう。